事故車を売却するときに知っておくべき注意事項

事故車を売却するにはいくつかの注意事項を知っておくとよいでしょう。 事故車なんてそもそも売れないのでは?と思っている人もいるようですが、車のパーツに商品価値がある場合もあり、事故車でも需要がないわけではないのです。 それと事故歴のある車であっても修理をして正常に走行できる状態の車は事故車とは呼びませんので、一般的な中古車買取業者で売却する方が高く売れます。 中古車買取業者で車を売却する場合には、修理歴や事故歴は隠さず正直に伝えましょう。 少しでも高く車を売却したいがために、査定士に気づかれなければいいというワケはありません。 もし修理歴や事故歴を黙っていて、あとになって発覚した場合、大きなトラブルに発展しかねませんので。 それでは、事故車を売却するときに気を付けたい注意事項とは何があるでしょう。 それほど大きくないキズの場合必ずしも査定に出す前にキズを直す必要はないということ。 もちろん直してからでも問題はありませんが、キズの修理をしたからといって、修理にかかった費用以上に査定額が上がるかというと、そこまで期待できないケースの方が多いからです。 なので傷も凹みもその状態で査定にだしましょう。 そして事故車の売却でもうひとつ注意事項をあげるとすれば、 査定を依頼するときは必ず複数の事故車専門の買取業者に一括依頼するということです。 できるだけ高く買い取りをしてもらうために、一括で複数の買取業者に査定依頼をかけることで比較ができるからです。